H7sP2iZYhy_Vpeh0o9Zfli4jqWIBmvQiHVdTY1JIFlk

【2024年】エアコンクリーニング徹底解説

エアコンのスイッチを入れた瞬間、部屋中に広がる嫌な臭い… 誰もが経験したことのあるエアコンの不具合。しかし、多くの人が「そのうち直るだろう」と放置してしまっていませんか?

実は、放置はNG! 臭いや効きが悪いといった問題は、エアコン内部の汚れや故障が原因である可能性が高く、放置すれば悪化するだけでなく、健康にも悪影響を及ぼすことがあります。

手が届けば、エアコンを開けフィルターの洗浄くらいは自分でもできるので、一年に一回でもお掃除すれば気分が良くなります。

この記事では、エアコンの代表的な不具合である「臭い」「効きが悪い」「汚れが目立つ」といったトラブルに加えて、適切なエアコンクリーニング業者を選ぶ際のポイントや、料金設定、クリーニングの頻度についても詳しく解説します。

エアコンクリーニング業者を選ぶ際のポイント

料金面のチェックが重要

  • 業者の公式サイトには料金一覧が掲載されていることが多いです。料金が明確で、オプション料金や追加料金が明確な業者を選ぶことが大切です。
  • 料金面だけでなく、支払い方法やキャンセル料についても確認しましょう。

1. 基本料金の確認

エアコンクリーニング業者の基本料金は、エアコンの機種や設置場所、作業内容によって異なります。多くの業者はホームページで基本料金を公開していますが、中には詳細な料金体系が記載されていない場合もあります。

基本料金を確認する際のポイント

  • エアコンの機種: 一般的に、壁掛け式よりも天井カセット式の方が料金が高くなります。
  • 設置場所: 高い場所や狭い場所に取り付けられているエアコンは、作業難易度が高いため、料金が高くなる可能性があります。
  • 作業内容: 分解洗浄やオプション料金が含まれているかどうか確認しましょう。

複数の業者の基本料金を比較し、相場と照らし合わせて適正かどうか判断しましょう。

2. 出張費の確認

エアコンクリーニング業者の多くは、出張費を別途請求します。出張費は、業者の拠点までの距離によって異なります。

出張費を確認する際のポイント

  • 業者の拠点: 自宅から近い業者を選ぶことで、出張費を抑えることができます。
  • 複数の業者から見積もりを取る: 複数の業者から見積もりを取ることで、出張費の比較ができます。

特に、郊外に住んでいる場合は、出張費が高額になる可能性があるため、注意が必要です。

3. オプション料金の確認

エアコンクリーニング業者によっては、オプション料金を請求する場合があります。代表的なオプション料金は以下の通りです。

  • 分解洗浄: エアコン内部を分解して洗浄するオプションです。通常の洗浄よりも汚れをしっかりと落とすことができますが、料金が高くなります。
  • 防カビ・抗菌コート: エアコン内部に防カビ・抗菌コートを施すオプションです。カビや細菌の繁殖を抑え、次回のクリーニングまでの期間を延ばすことができます。
  • 高圧洗浄: 高圧洗浄機を使ってエアコン内部を洗浄するオプションです。汚れがひどい場合や、分解洗浄が難しい場合に有効です。

オプション料金を確認する際のポイント

  • 必要なオプションかどうか: 必ずしも全てのオプションが必要ではありません。必要なオプションのみを選択しましょう。
  • 複数の業者のオプション料金を比較する: 複数の業者のオプション料金を比較し、内容と料金を比較検討しましょう。

オプション料金は、業者によって大きく異なる場合があります。事前にしっかりと確認し、必要最低限のオプションのみを選択するようにしましょう。

 

4. 支払い方法の確認

エアコンクリーニング業者の支払い方法は、業者によって異なります。一般的な支払い方法は以下の通りです。

  • 現金: 多くの業者が現金での支払いを扱っています。
  • クレジットカード: 一部の業者はクレジットカードでの支払いも可能です。
  • 銀行振込: 前払いでの支払いを希望する場合に利用できます。

支払い方法を確認する際のポイント

  • 手数料: クレジットカードや銀行振込で支払いをする場合、手数料が発生する場合があります。
  • 支払い期限: 支払い期限を必ず確認しましょう。

手数料や支払い期限は、業者によって異なる場合があります。事前にしっかりと確認し、自分に合った支払い方法を選びましょう。

5. 見積もりを取る

エアコンクリーニングを依頼する前に、必ず複数の業者から見積もりを取ることをおすすめします。見積もりを取ることで、料金やサービス内容を比較検討することができます。

見積もりを取る際のポイント

  • 具体的な内容を伝える: エアコンの機種や設置場所、希望する作業内容などを具体的に伝えましょう。
  • 複数の業者から見積もりを取る: 少なくとも3社以上の業者から見積もりを取ることをおすすめします。
  • 見積もりの内容を比較する: 料金だけでなく、サービス内容や保証内容なども比較しましょう。

見積もりは、口頭だけでなく必ず書面で提出してもらうようにしましょう。

ダスキン エアコンメーカー提携業者に依頼する
ダスキンの『エアコンクリーニング』サービスです。エアコンメーカーのクリーニングサービスは、安心感があります。

ダスキンと提携した業者に指定の作業を行わせるので、最安値ではないと思います。

エアコンのクリーニングは、比較的簡単に始められる仕事なので業者に対する信頼性がなかなか見抜けないので、ダスキンブランドに期待です!

ダスキンのエアコンクリーニング

 

 最安値、予算優先ならハウスクリーニングメーカーに依頼しよう!
業者さんにどこまで洗浄すればよいのか相談すれば、必ず追加予算が発生するもので、エアコン専門業者ではなく、ハウスクリーニングメーカーなら、予算に合わせて見積もりを作成してもらえます。

基本的にエアコン使用期間で判断されますので、使用期間が長い場合、洗浄範囲が増えるものです。

業界最安値に挑戦【アールクリーニング】

 

洗浄や掃除の方法を確認

エアコンクリーニングは、単にフィルターを掃除するだけではありません。エアコン内部の様々な部品を徹底的に洗浄する必要があります。しかし、業者によって洗浄方法や掃除方法は異なります。自分に合った洗浄方法を選択できる業者を選ぶことが重要です。

1. 代表的な洗浄方法

エアコンクリーニングには、様々な洗浄方法があります。代表的な洗浄方法は以下の通りです。

  • 高圧洗浄: 高圧洗浄機を使って、エアコン内部の汚れを洗い流します。最も一般的な洗浄方法です。
  • 薬剤洗浄: 専用の薬剤を使って、エアコン内部のカビや汚れを分解・除去します。高圧洗浄では落としにくい汚れを落とすことができます。
  • 分解洗浄: エアコン内部を分解して、隅々まで洗浄します。最も時間と手間のかかる洗浄方法ですが、最も効果的な洗浄方法でもあります。

それぞれの洗浄方法には、メリットとデメリットがあります。

高圧洗浄

  • メリット: 料金が比較的安価。
  • デメリット: 汚れによっては落としきれない場合がある。

薬剤洗浄

  • メリット: 高圧洗浄では落としにくい汚れを落とすことができる。
  • デメリット: 薬剤によっては人体に影響を与える場合がある。

分解洗浄

  • メリット: 最も効果的な洗浄方法。
  • デメリット: 料金が高額。

2. 自分に合った洗浄方法を選択する

洗浄方法は、エアコンの汚れ具合や予算によって選択する必要があります。

  • 軽い汚れの場合: 高圧洗浄で十分な場合が多いです。
  • 汚れがひどい場合: 薬剤洗浄や分解洗浄が必要になる場合があります。
  • 予算が限られている場合: 高圧洗浄がおすすめです。
  • 効果的な洗浄を希望する場合: 分解洗浄がおすすめです。

3. 業者の洗浄方法を確認する

エアコンクリーニング業者を選ぶ際には、業者の洗浄方法を確認することが重要です。

  • ホームページなどで確認する: 多くの業者はホームページで洗浄方法を紹介しています。
  • 見積もりを取る際に確認する: 見積もりを取る際に、業者の洗浄方法を確認しましょう。

4. その他の洗浄方法

上記以外にも、様々な洗浄方法があります。

  • オゾン洗浄: オゾンを使って、エアコン内部のカビや細菌を殺菌・消毒します。
  • マイクロ波洗浄: マイクロ波を使って、エアコン内部の汚れを浮き上がらせて洗浄します。

これらの洗浄方法は、一部の業者でしか提供していない場合があります。

 

プロの実績や信頼性を確認する

エアコンクリーニングは、エアコン内部の汚れやカビを除去し、快適な室内環境を維持するために欠かせない作業です。しかし、近年では悪質な業者も増え、トラブルも発生しています。

1. 具体的な実績を確認する方法

業者を選ぶ際には、ホームページや口コミサイトなどで、過去の施工事例や顧客満足度などを確認することが重要です。

1-1. 施工事例の確認

  • 実際に施工したエアコンの種類や汚れ具合、作業内容などを確認しましょう。
  • 写真や動画があれば、より具体的なイメージがつかめます。
  • 複数の施工事例を確認することで、業者の幅広い対応力や技術力を判断することができます。

1-2. 顧客満足度の確認

  • 口コミサイトやアンケート調査などで、実際に利用した顧客からの評価を確認しましょう。
  • 良い口コミだけでなく、悪い口コミも参考になります。
  • 悪い口コミがあった場合は、業者の対応内容なども確認しましょう。

2. 信頼できる業者の見分け方

以下のような点に注意して、信頼できる業者かどうかを見極めましょう。

2-1. 資格の有無

  • エアコンクリーニングには、「エアコンクリーニング技能士」や「家電整備士」などの資格があります。
  • 資格を持っている業者は、一定の知識と技能を持っていることが証明されます。
  • 資格の有無は、ホームページやパンフレットなどで確認することができます。

2-2. 業界団体の加入状況

  • 「日本エアコンクリーニング工業会」などの業界団体に加入している業者は、一定の基準を満たしていることが認められます。
  • 業界団体に加入している業者は、トラブルが発生した場合でも迅速かつ誠実に対応してくれる可能性が高いです。
  • 業界団体のホームページなどで、加盟業者を確認することができます。

2-3. 長年の実績

  • 長年の実績を持つ業者は、豊富な経験と知識に基づいて、高品質なサービスを提供することができます。
  • 創業年数や過去の施工件数などを確認しましょう。
  • 長年地域で営業している業者は、地元の評判も確認することができます。

2-4. 口コミや評判

  • ホームページや口コミサイトなどで、過去の顧客からの評価を確認しましょう。
  • 良い口コミだけでなく、悪い口コミも参考になります。
  • 悪い口コミがあった場合は、業者の対応内容なども確認しましょう。

2-5. 保証内容

  • 作業内容や仕上がりに対する保証があるかどうか確認しましょう。
  • 万が一、トラブルが発生した場合でも、安心して依頼できる業者を選びましょう。
  • 保証内容には、期間や内容などをしっかりと確認しましょう。

3. その他のポイント

  • 見積もり内容を比較する: 複数の業者から見積もりを取り、料金やサービス内容を比較しましょう。
  • 不明点は遠慮なく質問する: わからないことがあれば、遠慮なく業者に質問しましょう。
  • 無理強いする業者には注意する: 契約を急がしたり、高額なオプションを勧めたりする業者には注意が必要です。

上記のようなポイントを参考に、実績や信頼性のある業者を選ぶことで、失敗なくエアコンクリーニングを依頼することができます。

業者ごとの料金体系の比較方法

エアコンクリーニング業者の料金は、エアコンの機種や設置場所、作業内容によって大きく異なります。

思わぬ高額料金を請求されないようにするためにも、業者ごとの料金体系をしっかりと比較することが重要です。

1. 料金体系を確認するポイント

業者ごとの料金体系を比較する際には、以下のポイントに注意しましょう。

1-1. 基本料金

  • エアコンの機種や大きさによって、基本料金が異なります。
  • 壁掛け式よりも天井カセット式の方が、基本料金が高くなります。
  • 設置場所が高い場所や狭い場所に取り付けられているエアコンは、作業難易度が高いため、基本料金が高くなる可能性があります。
  • 基本料金には、どのような作業が含まれているのか確認しましょう。

1-2. オプション料金

  • エアコンクリーニング業者によっては、オプション料金を請求する場合があります。
  • 代表的なオプション料金は以下の通りです。
    • 分解洗浄: エアコン内部を分解して洗浄するオプションです。通常の洗浄よりも汚れをしっかりと落とすことができますが、料金が高くなります。
    • 防カビ・抗菌コート: エアコン内部に防カビ・抗菌コートを施すオプションです。カビや細菌の繁殖を抑え、次回のクリーニングまでの期間を延ばすことができます。
    • 高圧洗浄: 高圧洗浄機を使ってエアコン内部を洗浄するオプションです。汚れがひどい場合や、分解洗浄が難しい場合に有効です。
  • オプション料金を利用する場合は、事前に料金を確認しておきましょう。

1-3. 出張費

  • エアコンクリーニング業者の多くは、出張費を別途請求します。
  • 出張費は、業者の拠点までの距離によって異なります。
  • 特に、郊外に住んでいる場合は、出張費が高額になる可能性があるため、注意が必要です。

1-4. 支払い方法

  • エアコンクリーニング業者の支払い方法は、業者によって異なります。
  • 一般的な支払い方法は以下の通りです。
    • 現金: 多くの業者が現金での支払いを扱っています。
    • クレジットカード: 一部の業者はクレジットカードでの支払いも可能です。
    • 銀行振込: 前払いでの支払いを希望する場合に利用できます。

2. 料金体系の比較方法

料金体系を比較するには、以下の方法があります。

2-1. ホームページを確認する

  • 多くの業者はホームページで料金体系を公開しています。
  • ホームページで料金体系を確認する際は、以下の点に注意しましょう。
    • 基本料金に何が含まれているのか確認する。
    • オプション料金を確認する。
    • 出張費を確認する。
    • 支払い方法を確認する。

2-2. 見積もりを取る

  • 複数の業者から見積もりを取ることで、料金体系を比較することができます。
  • 見積もりを取る際は、以下の点に注意しましょう。
    • 具体的な作業内容を確認する。
    • オプション料金を確認する。
    • 出張費を確認する。
    • 支払い方法を確認する。

2-3. 口コミサイトや比較サイトを利用する

  • 口コミサイトや比較サイトでは、複数の業者の料金体系を比較することができます。
  • 口コミサイトや比較サイトを利用する際は、以下の点に注意しましょう。
    • 口コミやレビューの内容をよく確認する。
    • 最新の情報を確認する。

3. その他の注意点

  • 料金が安い業者だからといって、必ずしも良いとは限りません。
  • 安すぎる料金には、何か裏があるかもしれません。
  • 料金だけでなく、洗浄方法や口コミ、実績なども総合的に判断しましょう。
  • わからないことがあれば、遠慮なく業者に質問しましょう。

 

追加料金やオプションに注意する

エアコンクリーニング業者の料金は、基本料金以外にも、様々な追加料金やオプション料金が発生する可能性があります。

思わぬ高額請求を避けるために、事前に追加料金やオプションの内容をしっかりと確認することが重要です。

1. 代表的な追加料金とオプション

  • 分解洗浄: エアコン内部を分解して洗浄するオプションです。通常の洗浄よりも汚れをしっかりと落とすことができますが、料金が高くなります。
    • 分解洗浄が必要かどうかは、エアコンの汚れ具合や使用年数によって異なります。
    • 分解洗浄を希望する場合は、事前に料金を確認しておきましょう。
  • 防カビ・抗菌コート: エアコン内部に防カビ・抗菌コートを施すオプションです。カビや細菌の繁殖を抑え、次回のクリーニングまでの期間を延ばすことができます。
    • 防カビ・抗菌コートの効果は、業者や製品によって異なります。
    • 防カビ・抗菌コートを希望する場合は、事前に効果や料金を確認しておきましょう。

  • 高圧洗浄: 高圧洗浄機を使ってエアコン内部を洗浄するオプションです。汚れがひどい場合や、分解洗浄が難しい場合に有効です。
    • 高圧洗浄は、エアコン内部にダメージを与える可能性があります。
    • 高圧洗浄を希望する場合は、事前に業者に確認しておきましょう。

  • 出張費: エアコンクリーニング業者の多くは、出張費を別途請求します。
    • 出張費は、業者の拠点までの距離によって異なります。
    • 特に、郊外に住んでいる場合は、出張費が高額になる可能性があるため、注意が必要です。
  • 夜間・早朝料金: 夜間や早朝に作業を依頼する場合、料金が高くなる場合があります。
    • 夜間・早朝料金が発生するかどうかは、業者によって異なります。
    • 夜間・早朝料金を希望する場合は、事前に料金を確認しておきましょう。

2. 追加料金やオプションが発生するケース

  • エアコンが汚れている場合: エアコンが汚れている場合は、分解洗浄や高圧洗浄が必要になる可能性があり、追加料金が発生します。
  • エアコンの機種によっては、分解洗浄が難しい場合がある: エアコンの機種によっては、分解洗浄が難しい場合があり、追加料金が発生します。
  • 夜間や早朝に作業を依頼する場合: 夜間や早朝に作業を依頼する場合、夜間・早朝料金が発生します。
  • オプションサービスを利用する場合: 防カビ・抗菌コートや高圧洗浄などのオプションサービスを利用する場合、追加料金が発生します。

3. 追加料金やオプションを賢く利用する方法

  • 事前に料金を確認する: 追加料金やオプションを利用する前に、必ず料金を確認しましょう。
  • 必要かどうかを判断する: 追加料金やオプションは、必ずしも必要ではありません。本当に必要かどうかを判断してから利用しましょう。
  • 複数の業者を比較する: 複数の業者から見積もりを取ることで、料金やサービス内容を比較することができます。

エアコンクリーニング業者の追加料金やオプションは、思わぬ高額請求の原因となる可能性があります。事前に料金や内容をしっかりと確認し、必要かどうかを判断してから利用することが重要です。

 

適正価格を見極めるコツ

エアコンクリーニング業者の料金は、エアコンの機種や設置場所、作業内容によって大きく異なります。

しかし、あまりにも安すぎる料金には注意が必要です。そこで今回は、エアコンクリーニングの適正価格を見極めるコツについて解説します。

1. 料金の内訳を確認する

エアコンクリーニング業者の料金は、基本料金、出張費、オプション料金に大きく分かれます。

基本料金には、どのような作業が含まれているのか確認しましょう。

  • フィルター掃除
  • 熱交換器掃除
  • ドレンパン掃除
  • ファン掃除
  • 送風口掃除
  • 洗浄後の動作確認

オプション料金には、以下のようなものがあります。

  • 分解洗浄
  • 防カビ・抗菌コート
  • 高圧洗浄
  • 消臭
  • 抗菌フィルター交換

見積もりを取る際には、基本料金に何が含まれているのか、オプション料金はどれくらいかかるのかを必ず確認しましょう。

 

2. 複数の業者から見積もりを取る

エアコンクリーニング業者を選ぶ際には、複数の業者から見積もりを取ることをおすすめします。見積もりを取ることで、料金やサービス内容を比較検討することができます。

見積もりを取る際には、以下の点を比較しましょう。

  • 基本料金
  • オプション料金
  • 出張費
  • 支払い方法
  • 保証内容

また、業者のホームページや口コミサイトなどで評判を確認するのも良いでしょう。

 

3. 安すぎる料金には注意する

エアコンクリーニング業者の料金があまりにも安い場合は、以下の点に注意が必要です。

  • 作業内容が十分ではない可能性がある
  • 経験や知識が不足しているスタッフが作業する可能性がある
  • トラブルが発生した場合に、迅速に対応してもらえない可能性がある

エアコンクリーニングは、エアコン内部を洗浄する重要な作業です。安さに惑わされず、

信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

 

4. 適正価格の目安

エアコンクリーニングの適正価格は、エアコンの機種や設置場所、作業内容によって異なります。

しかし、一般的には以下のくらいの料金が目安となります。

  • 壁掛け式エアコン(6畳用):10,000円~15,000円
  • 天井カセット式エアコン(8畳用):15,000円~20,000円
  • 分解洗浄:5,000円~10,000円
  • 防カビ・抗菌コート:5,000円~10,000円
  • 高圧洗浄:3,000円~5,000円

上記はあくまでも目安ですので、実際の料金は業者によって異なります。複数の業者から見積もりを取って、自分に合った業者を選ぶようにしましょう。

 

クリーニング作業での発生する汚れやカビの対応

エアコンクリーニング作業では、フィルターや内部部品から様々な汚れやカビが発生します。これらの汚れやカビは、適切に処理しないと、健康被害やエアコンの故障の原因となる可能性があります。

そこで今回は、エアコンクリーニング作業で発生する汚れやカビの対応について解説します。

1. 汚れの種類

エアコンクリーニング作業で発生する汚れには、以下のようなものがあります。

  • ホコリ: 空気中のホコリがエアコン内部に付着したものです。
  • カビ: 湿度や温度の高い環境で繁殖します。
  • ダニ: ホコリを餌にして繁殖します。
  • 花粉: 春季に大量に発生します。
  • タバコのヤニ: 喫煙者のいる家庭で発生します。
  • ペットの毛: ペットを飼っている家庭で発生します。

2. カビの種類

エアコンクリーニング作業で発生するカビには、以下のようなものがあります。

  • 黒カビ: 一般的なカビで、最も多く発生します。
  • 白カビ: 食品や木材に発生します。
  • 青カビ: チーズなどに発生します。

3. 汚れやカビの処理方法

エアコンクリーニング作業で発生する汚れやカビは、以下の方法で処理します。

  • 高圧洗浄: 高圧洗浄機を使って、汚れやカビを洗い流します。
  • 薬剤洗浄: 専用の薬剤を使って、汚れやカビを分解・除去します。
  • 拭き掃除: マイクロファイバークロスなどの柔らかい布を使って、汚れやカビを拭き取ります。

4. 業者選びのポイント

エアコンクリーニング業者を選ぶ際には、汚れやカビの処理方法も確認することが重要です。

  • 高圧洗浄機を持っている業者を選ぶ: 高圧洗浄機は、汚れやカビを効果的に洗い流すことができます。
  • 薬剤洗浄を行っている業者を選ぶ: 薬剤洗浄は、高圧洗浄では落としきれない汚れやカビを除去することができます。
  • 防カビ・抗菌コートを施してくれる業者を選ぶ: 防カビ・抗菌コートは、カビの繁殖を抑制する効果があります。

5. まとめ

エアコンクリーニング作業で発生する汚れやカビは、適切に処理しないと、健康被害やエアコンの故障の原因となる可能性があります。

業者を選ぶ際には、汚れやカビの処理方法も確認し、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

クリーニング後の効果やメリットの比較

エアコンクリーニングは、エアコン内部の汚れやカビを除去する重要な作業です。

エアコンクリーニングを行うことで、以下のような効果やメリットが期待できます。

1. 冷暖房効率の向上

エアコン内部に汚れやカビが溜まっていると、冷暖房効率が低下します。

エアコンクリーニングを行うことで、汚れやカビを除去し、冷暖房効率を向上させることができます。

2. 電気代の節約

冷暖房効率が向上することで、電気代の節約にもつながります。

3. カビやダニの繁殖抑制

エアコン内部は、カビやダニが繁殖しやすい環境です。

エアコンクリーニングを行うことで、カビやダニの繁殖を抑制することができます。

4. 健康被害の防止

カビやダニは、アレルギーや呼吸器疾患などの健康被害を引き起こす可能性があります。

エアコンクリーニングを行うことで、カビやダニを減らし、健康被害のリスクを低減することができます。

5. 悪臭の除去

エアコン内部に汚れやカビが溜まっていると、悪臭が発生することがあります。

エアコンクリーニングを行うことで、悪臭を除去し、快適な室内環境を維持することができます。

6. エアコンの寿命延ばし

エアコン内部に汚れやカビが溜まっていると、エアコンの故障の原因となる可能性があります。

エアコンクリーニングを行うことで、エアコン内部を清潔に保ち、エアコンの寿命を延ばすことができます。

7. 省エネ効果

エアコンクリーニングを行うことで、エアコンの消費電力を抑えることができます。

8. 快適な室内環境

エアコンクリーニングを行うことで、カビやダニの繁殖を抑え、悪臭を除去することができます。

また、冷暖房効率が向上することで、快適な室内環境を維持することができます。

9. 防カビ・抗菌コート

オプションで防カビ・抗菌コートを施すことで、カビやダニの繁殖をさらに抑制することができます。

10. 安心・安全

エアコンクリーニングを行うことで、エアコン内部を清潔に保ち、健康被害やエアコンの故障のリスクを低減することができます。

 

範囲や頻度を確認して失敗を防ぐ

エアコンクリーニングは、エアコン内部の汚れやカビを除去し、快適な室内環境を維持するために欠かせない作業です。

しかし、エアコンクリーニング業者によって、クリーニングの範囲や頻度が異なるため、事前に確認しておかないと、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。

そこで今回は、エアコンクリーニングの範囲と頻度を確認して失敗を防ぐ方法について解説します。

1. クリーニング範囲

エアコンクリーニングの範囲は、業者によって異なりますが、一般的には以下の通りです。

  • フィルター: ホコリやカビが付着しやすいので、必ず洗浄が必要です。
  • 熱交換器: 冷暖房効率に影響を与えるため、洗浄が必要です。
  • ドレンパン: 結露水が溜まる場所なので、カビや汚れが溜まりやすいです。
  • ファン: ホコリやカビが付着しやすいので、洗浄が必要です。
  • 送風口: ホコリやカビが付着しやすいので、洗浄が必要です。

オプションで、以下の部品の洗浄も依頼できます。

  • 基板: 電気系統の部品なので、洗浄には注意が必要です。
  • ルーバー: 風向を調整する部品なので、ホコリやカビが付着しやすいです。
  • ケーシング: エアコン本体の外装なので、汚れが目立ちやすいです。

クリーニング範囲を確認する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 基本料金に何が含まれているのか
  • オプション料金
  • 分解洗浄が必要かどうか

2. クリーニング頻度

エアコンクリーニングの頻度は、使用状況や環境によって異なります。

一般的には、以下のくらいの頻度でクリーニングを行うことをおすすめします。

  • 2~3年に1回: 一般的なご家庭の場合
  • 1年に1回: ペットを飼っている場合や、喫煙者が多い場合
  • 6ヶ月に1回: 飲食店や工場など、ホコリや汚れが多い場所の場合

クリーニング頻度を確認する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 業者の推奨頻度
  • エアコンの使用状況
  • 環境

エアコンクリーニングは、定期的に行うことで、エアコン内部を清潔に保ち、快適な室内環境を維持することができます。

3. 失敗を防ぐためのポイント

エアコンクリーニングで失敗を防ぐためには、以下の点に注意しましょう。

  • 複数の業者から見積もりを取る
  • クリーニング範囲と頻度を確認する
  • 業者の口コミや評判を確認する
  • 保証内容を確認する
  • トラブルがあった場合は、すぐに業者に連絡する

4. まとめ

エアコンクリーニングの範囲と頻度を確認して失敗を防ぐ方法について解説しました。

エアコンクリーニングは、業者によって異なるため、事前にしっかりと確認することが重要です。