PR

お風呂リフォーム|寿命15年、部分工事で費用半減!

 

1.1 お風呂リフォームを検討すべきタイミング

1.1.1 老朽化による不具合
お風呂は日常的に使用する場所であり、寿命が来ると不具合が生じることがあります。

お風呂のリフォームは何年ごとに行うもの?

お風呂(ユニットバス)の寿命は一般的に15~20年程度と言われています。この期間を過ぎると、壁や浴槽のひび割れ、継ぎ目の樹脂の劣化、カビやサビなどが目立つようになります。これらの問題を放置すると、建物の土台を腐食させたり、シロアリが繁殖したりする可能性があります。

お風呂の寿命を延ばすためには、定期的な手入れが重要です。特に、浴槽のひび割れや外側の壁に水が染み出している跡が見られる場合は、建物の内部が水分によって腐食している可能性もあるため、早めに対策を取ることが必要です。クリーニングや塗装などで寿命を延ばすことができます。

 

お風呂リフォームの種類

お風呂リフォームには主に以下の2つの種類があります。

  1. フルリフォーム

    • すべての部分を一度にリフォームする方法です。
    • 浴槽、床、壁、天井、設備などを全面的に交換します。
  2. 部分リフォーム

    • 一部の箇所だけをリフォームする方法です。
    • 部分的な症状を改善したり、見た目が気になる部分のみを交換・変更します。

お風呂リフォームの費用

部分リフォームは全体リフォームに比べて費用が抑えられます。以下に、部分リフォームの主な内容と費用相場を示します。

 

内装リフォーム

  1. 浴槽交換

    • 古い浴槽を新しいものに交換する工事です。
    • 工期は1日~1週間程度で、費用は10万円~50万円程度です。
  2. 浴室塗装

    • 浴室の塗料を塗り替えることで新品のような印象を与えます。
    • 費用は10万円~20万円程度で、工期は1~2日です。
  3. 壁や天井の張り替え

    • 浴室の壁や天井をパネルやシートで張り替えます。
    • 費用は10万円~30万円程度で、工期は1~2日です。
  4. 床のシート張り

    • 劣化した床を専用のシートで張り替えます。
    • 費用は5万円~10万円程度で、工期は1~2日です。

備品・機器のリフォーム

  1. 浴室ドア交換
    • ドアのみを交換する場合の工期は数時間~1日で、費用は5万円~16万円程度です。

部分リフォームは、お風呂の寿命を延ばすためにも適しています。

【お風呂のリフォーム屋さん】最短即日30分の無料の出張見積もり
累計販売数40万本突破のミラブルシリーズ商品『どこでもミラバス』
お風呂のお湯を水素水にしてくれる 水素発生器スパーレ

温泉に限りなく近い入浴剤「るんるんの湯」

 

お肌にやさしい成分の植物性入浴剤 フローラ・バス-102

 

1.1.2 ライフスタイルの変化

ライフスタイルの変化に合わせたお風呂リフォームのポイントをいくつかご紹介します。

  1. 家族構成の変化

    • 子供が生まれたり、家族が増えたりすると、浴槽のサイズや収納スペースの必要性が変わります。ファミリー向けのリフォームを検討しましょう。
  2. 健康状態の変化

    • 老齢になったり、体調が変わったりすると、バリアフリーのリフォームや手すりの設置などが必要になることがあります。
  3. 忙しさやストレスの度合い

    • 日々の忙しさやストレスを和らげるために、バスタブの種類やデザインを工夫することができます。ジェットバスやアロマテラピー機能を追加するなど、リラックス効果のあるリフォームを検討してみてください。
  4. 趣味やライフスタイルの変化

趣味やライフスタイルに合わせて、バスタブをカスタマイズすることができます。音楽を楽しむためのスピーカーや、読書をするためのラックを設置するなど、自分らしい空間を作りましょう。

  • 一人暮らしから家族暮らしに変更:
    • 浴槽や洗い場を広げる
    • 洗面台を2つにする
    • 浴室乾燥機を設置する
  • 子どもが生まれた:
    • ベビーバスを設置する
    • 滑りにくい床にする
    • 手すりを設置する
  • ペットと一緒に暮らす:
    • ペット用の洗い場やシャワーを設置する
    • 床を傷つけにくい素材にする
    • 脱衣室にペット用スペースを設ける
  • 介護が必要になった:
    • 手すりを設置する
    • 床を滑りにくい素材にする
    • 浴槽に段差をつける
  • 高齢者と同居する:
    • 浴槽に段差をつける
    • 手すりを設置する
    • 浴室乾燥機を設置する

 

その他、ライフスタイルの変化に合わせたお風呂リフォームの例

  • 運動習慣を始めた場合は、サウナやジャグジーを設置する
  • リラックスしたい場合は、アロマテラピーや音楽などを楽しめる設備を設置する
  • 節約したい場合は、節水シャワーや太陽光発電システムなどを導入する

 

1.2 お風呂リフォームの種類

1.2.1フルリフォーム

フルリフォームは、お風呂全体を一度にリフォームする方法です。具体的な内容は以下の通りです。

  • 浴槽交換

    • 古い浴槽を新しいものに交換します。
    • 工期は1日~1週間程度で、費用は10万円~50万円程度です。
  • 床・壁・天井の交換

    • 床や壁、天井の素材を全面的に交換します。
    • 新しい素材を選ぶことで、おしゃれな雰囲気を作り出せます。
  • 設備の一新

    • シャワーヘッドや蛇口、排水口などの設備を新しくします。
    • 機能性やデザインを重視することができます。

1.2.2 部分リフォーム

部分リフォームは、一部の箇所だけをリフォームする方法です。以下に具体的な内容を示します。

  • 浴槽周りのリフォーム

    • 浴槽の周りのタイルや壁を張り替えることで、印象を変えることができます。
  • 床のシート張り替え

    • 劣化した床を専用のシートで張り替えます。
    • 費用は5万円~10万円程度で、工期は1~2日です。
  • 浴室塗装

    • 浴室の塗料を塗り替えることで、新品のような印象を与えます。
    • 費用は10万円~20万円程度で、工期は1~2日です。

部分リフォームは、予算やニーズに合わせて選択できるメリットがあります。具体的なリフォームプランを検討する際には、専門家の意見を仰ぎながら、快適なお風呂空間を作り上げてくださいね!

 

1.3 お風呂リフォームの費用

1.3.1 フルリフォーム費用の目安

フルリフォームは、お風呂全体を一度にリフォームする方法です。具体的な内容は以下の通りです。

  • 浴槽交換

    • 古い浴槽を新しいものに交換します。
    • 工期は1日~1週間程度で、費用は10万円~50万円程度です。
  • 床・壁・天井の交換

    • 床や壁、天井の素材を全面的に交換します。
    • 新しい素材を選ぶことで、おしゃれな雰囲気を作り出せます。
  • 設備の一新

    • シャワーヘッドや蛇口、排水口などの設備を新しくします。
    • 機能性やデザインを重視することができます。

1.3.2.部分リフォーム費用の目安

部分リフォームは、一部の箇所だけをリフォームする方法です。以下に具体的な内容を示します。

  • 浴槽周りのリフォーム

    • 浴槽の周りのタイルや壁を張り替えることで、印象を変えることができます。
  • 床のシート張り替え

    • 劣化した床を専用のシートで張り替えます。
    • 費用は5万円~10万円程度で、工期は1~2日です。
  • 浴室塗装

    • 浴室の塗料を塗り替えることで、新品のような印象を与えます。
    • 費用は10万円~20万円程度で、工期は1~2日です。

1.3.3 費用を抑えるポイント

  • 少なくとも3社以上の業者から見積もりを取り、比較検討しましょう。
  • 業者によって得意な工法や価格帯が異なるため、見積もりを比較することで最適な業者を選ぶことができます。

  • 水回りのリフォームはまとめて行うほうが良い:
    トイレ、洗面所、キッチン、お風呂などの水回りは、一度にまとめてリフォームすることで費用を抑えられることがあります。水回りの設備がセットになった商品を販売している業者もあるため、一つひとつリフォームするより安価で工事できるでしょう。また、まとめてリフォームすることで配管の補修なども効率よく進められます。

  • 素材別の価格差を考慮する:
    リフォームに使用する素材の種類によっても価格が左右されます。主な浴槽の素材にはホーロー、FRP、人工大理石、ステンレスなどがありますが、選んだ素材に応じて価格は変化します。基本的にはFRPやステンレスなどが費用を抑えやすいでしょう。予算内でリフォームを実施したい場合は、素材の価格差にも着目することがポイントです。

  • 中古品やアウトレット品を活用する

    • ユニットバスや洗面台などの設備機器は、中古品やアウトレット品を活用することで費用を抑えることができます。
    • 状態の良い中古品であれば、新品と遜色ない品質のものを見つけることもできます。
  • 時期を選んでリフォームする

    • リフォーム業者は、繁忙期と閑散期で料金が変動することがあります。
    • 閑散期にリフォームすることで、割引を受けることができる場合があります。

1.4 お風呂リフォーム業者選び

業者選びは、意外と難しいので、実務をどのように進めるか書面などで確認するのが良いかもしれません。

  1. 工事項目を確認する:
    リフォーム業者を選ぶ際には、工事項目がしっかりと含まれているかを確認しましょう。具体的な工事内容や費用の内訳が明確に示されている業者を選ぶことで、後々のトラブルを防げます。

  2. 価格をチェックする:
    適切な価格でリフォームを行うために、複数の業者の見積もりを比較しましょう。安すぎる業者は品質に問題がある可能性がありますが、高すぎる業者も注意が必要です。

  3. 地元の業者を選ぶ:
    地元の業者は、信頼性が高く、アフターサービスもスムーズに受けられることが多いです。比較サイトよりも地元の業者を探すことをおすすめします。

  4. 実績を確認する:
    業者の実績や評判を調査しましょう。過去の施工例や口コミをチェックすることで、信頼性を判断できます。

  5. 対応や提案力を評価する:
    業者の対応や提案力はリフォームの成功に大きく影響します。相性の良い業者を選ぶことで、理想のリフォームを実現しやすくなります。

  6. アフターサービスや保証を確認する:
    リフォーム後のアフターサービスや保証があるかを確認しましょう。トラブルが発生した際に安心できる業者を選びましょう1

お風呂リフォームは20年程度で行うことをおすすめします。2 早めにリフォームを検討し、快適なお風呂空

 

1.5 お風呂リフォームの流れ

1.5.1 業者との相談

1.5.2 見積書の確認

1.5.3 工事

 

1.6 まとめ

1.6.1 お風呂リフォームで、快適な学生生活を実現しよう!

1.6.2 早めに検討し、後悔のないリフォーム